睡眠時無呼吸症候群なら睡眠呼吸障害クリニック

財団法人 神経研究所付属 睡眠呼吸障害クリニック TEL:03-3556-9181

睡眠障害の原因と程度が正確に判定できる検査です。睡眠の状態、呼吸の状態、心電図、睡眠中の姿勢、下肢の動きなどの体の動き、など10種類ほどの生理機能を同時に連続して一晩中記録します。睡眠時無呼吸症候群、周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害などの診断には欠かせない検査です。
個室での入院検査になり、2名の検査技師が終夜監視します。午後6時半までに入院し、翌朝6~7時には退院でき、そのまま出勤が可能です。パジャマ、タオル、洗面用具などの用意もあります。
センサーを着けるので多少は気になるかもしれませんが、危険は伴いません。夜中にトイレに行くことも可能です。
通常申し込みから1カ月以内には実施でき、その後1週間程度で検査結果をお渡しし、治療方針をご説明します。費用は健康保険3割負担の方で約15,000円です。

昼間の眠気の強さを客観的に評価し、入眠過程に異常はないか、脳波に異常がないか、などを調べる検査です。
ナルコレプシーなどの過眠症の診断には欠かせない検査です。 1回約20分間の睡眠ポリグラフ検査を2時間間隔で一日4回~5回繰り返します。朝9時半までに来院していただき、その日のうちに検査結果と治療方針をご説明できます。費用は健康保険3割負担の方で約20,000円です。

睡眠時無呼吸症候群の有無と、その重症度の見当をつける簡易検査法です。睡眠状態は検査できず、終夜睡眠ポリグラフ検査ほど詳細で正確な診断はできませんが、入院の必要はなく、装置をお貸しして自宅で実施できます。

Copyright (C) Sleep disorder-Clinic. All Rights Reserved.